英語学習の記録ブログ

51才から始めた英語初心者の英語学習記録ブログ

オンライン英会話を利用して自由気ままに英語の勉強中

現在はDME Method(DMEメソッド)は休止中ですが、まもなく再開予定。現在は日本人講師とネイティブ講師のレッスンを継続。

DUO3.0とSYSTEM英単語(改定新版)をオンライン英会話スクールで

単語力を上げたい人にオススメ。

DMEメソッドの次のステージの予習をしているんですが、知らない単語ばかりで調べて単語の使い方を確認しているだけで時間がかかって凹んでいます。一つわかると関連する内容も調べてという感じで進んでいるので時間がまだかかる。もっと単語を知っていれば楽なのに。。。

単語力上げたーい!

という私、でも1人じゃきつい;;誰か一緒に勉強して欲しいというまるで私のような人!オンライン英会話スクールでも単語力を上げることができるように設定されているクラスがある!ということで紹介します。

会話はDMEやカランで訓練をして、ボキャブラリーはボキャブラリービルディングクラスで“覚える”事に集中するのが賢い方法です。

ということで紹介もされているので並行学習するといいのかもしれません。

このクラスがあるスクールは、オンライン英会話スクール名はENGLISH BELL online。そういつも私がDMEメソッドでお世話になっているスクールです。

about-english.hatenadiary.jp

ボキャブラリービルディングクラス

f:id:memum:20180409182644p:plain

このコースで使われているテキストがDUO 3.0システム英単語 (駿台受験シリーズ)

のテキストを使ったオンライン英会話を利用したレッスン。なんかすごくない?両方のテキストを進めるのではなくて、どちらかのテキストを選択して進めます。

テキストよってレッスンの進め方が違う

DUO3.0を用いたレッスンの進め方

まず、レッスンの際にはテキストは常に閉じていてください。

どうしても分からない単語があった場合には開いて確認していただくので、手の届くところに置いていてください。

予習は全くしないでください。(DUOを用いた学習では、「覚える過程」がレッスンのキーです。予習をしてしまうと「覚える過程」ではなく「思い出す過程」になってしまいますので予習はしないでください。


SYSTEM英単語(改定新版)を用いたレッスンの進め方

SYSTEM英単語を用いたレッスンはDUOのレッスンよりもシンプルです。

まず、レッスンの際にはテキストは常に閉じていてください。どうしても分からない単語があった場合には開いて確認していただくので、手の届くところに置いていてください。

予習は時間があればしてください。 (予習のしすぎは逆効果になりますのでサラッと予習までにとどめましょう)

レッスンの説明をよく確認するとどちらも瞬間的に学習した単語を使って英作文するようになっているということも興味深いです。

困ったり、考えたりした経験が記憶に残り、その単語を覚えていくという皇帝は重要だと思います。日常会話では英語とは無縁の私のような人は、どこかでしっかりと練習が必要だろうと感じています。ただの会話練習だと無理をしてまで、わからないもしくは身についていない単語を使うことはないし;話題次第になると思います。なので、こういう機会でも作らないとなかなか「覚える」ことは難しいのかもしれない(私の場合は)。単語を定着させたいというか、うちの息子にやって欲しい(大学受験生らしいだが何もしない息子に・・でもオールイングリッシュのレッスンはむずいかも)